ようこそ! 「世界のお茶を楽しみながらダイエットしよう」へ
ホーム >  ウーロン茶  > 折角飲むなら美味しい烏龍茶を・・・


折角飲むなら美味しい烏龍茶を・・・

烏龍茶には、ポリフェノールが含まれています。

このポリフェノールには、どの様な作用があるか知っていますか?

実は、脂肪細胞の中にある『脂肪』を官界してくれる、酵素のリパーゼの働きを活発にしてくれる効果があるのです。

この働きがある事で、脂肪はより消費され易い状態へと変化させてくれるのです。

要するに、遊離脂肪酸になるのです。

ちなみに、遊離脂肪酸とは何かご存知でしょうか?

分かり易く言えば、脂肪の分解によって生じる脂肪酸で、肝臓に運ばれて初めてエネルギー源となる物なのです。

その為、遊離脂肪酸のある烏龍茶を飲用し、有酸素運動(エクササイズ・ウォーキング等)を行うのは、とてもダイエットにも効果的だと言えるでしょう。

しかし、折角烏龍茶で脂肪を消費し易い形の遊離脂肪酸へ変化させたとしても、そのまま何もしないで放置しておくと、これもまた皮下脂肪へと変化してしまうのです。

ですから、烏龍茶を飲んだだけでは、全然意味がありません。

運動を行って、初めてウーロン茶ポリフェノールの働きを利用する事で、ダイエットをより効率よく行う事が出来るのです。

やはり、ダイエットを烏龍茶飲用で行うのであれば、美味しい物を出来れば飲みたいと、誰でも思うでしょうね。

美味しく飲むお茶の入れ方として、一般的に飲まれている緑茶と烏龍茶では異なります。

お湯の温度が70度位がベストだと言われている煎茶に対して、低温では美味しさを充分に引き出す事が出来ないといわれているのが烏龍茶です。

ちなみに烏龍茶は、良い香りを引き出す為に、熱いお湯で入れるほうが良いと言われてます。

この香りを引き出す事で、脳のアルファー波を出す作用があります。

その為、脂肪吸収を抑えるというダイエット効果にプラスして、気分はとてもリラックスしてゆったり感を感じる事が出来るでしょう。